« 半分仕事で半分休み? | トップページ | 夏季休業のお知らせ »

2011年8月 4日 (木)

Kyklos

昨日分のエントリーにございましたKyklosの画像を貼っておきます。

取り扱い元のT氏によると乗り込んでいる方に最適なレース機材になるのが、

Cimg4855

Featherweight Limited(フレームフォークセット)だそうです。価格は¥479,000

Cimg4851

参考出品されていた完成車です。※写りが悪くてスミマセン

塗装までも軽量化に拘ったかなり尖ったレーシングバイクです。

Cimg4852

XSサイズの展開もございます。

続いてFeatherweightです。基本的なパフォーマンスは前出のFeatherweight Limitedと

大きな違いはございません。重量が若干(ホント若干です)増えます。

Cimg4856_2

Cimg4857_2

こちらのFeatherweightも純レース機材となります。フレームフォークセットでの販売で、

価格は¥439,000となります。

最後にFeatherです。

Cimg4854  

T氏曰く、Featherの方が振動吸収性も良く普通に乗るのであれば、こちらの方が

お勧めだそうです。価格は¥299,000(フレーム&フォークセット)です。

ブランドを立ち上げたダニーロ・ディルーカは現役のプロライダーです。

ディルーカは学生時代に理工学を専攻していたそうで、フレームの設計や

ジオメトリーにはかなりの拘りがあるそうです。

彼の身長は日本人の平均と同じ位の170cmですので、期待できるフレームに

仕上がっている筈です。

今回、掲載した画像のカラー以外の展開もございますので詳しくはKyKlosのHP

ご確認ください。

皆様からのご注文、心よりお待ちしておりますm(_ _)m

   

« 半分仕事で半分休み? | トップページ | 夏季休業のお知らせ »

ロードバイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 半分仕事で半分休み? | トップページ | 夏季休業のお知らせ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー